リゾナーレ小浜島 料飲ユニット 2015年新卒入社
星野リゾートへの志望動機、入社から現在までの仕事内容を教えてください
昔から「いつの日か自分でレストランを開業したい」という夢がありました。この夢を実現するためには、製菓技術はもちろん、サービススキルやマネジメントスキルなど、経営に関するノウハウを学ぶ必要があると考えました。そんな思いを抱えながら出会ったのが星野リゾートです。全国に施設があり、様々な土地の文化や雰囲気を体感するチャンスがある。また麓村塾をはじめ、全国で働く先輩方や同僚とのコミュニケーションを通じて、幅広くサービスや経営のスキルを学ぶことができる。将来像に近づくため、星野リゾートを経験したいと思ったのです。入社後はホテルブレストンコートでサービス、パティシエとしてOJT期間を過ごしました。パティシエ業務だけでなくサービスとして披露宴の流れを体感することで、お客さまの反応をダイレクトに感じたり、業務理解もスムーズに行えました。12月からはリゾナーレ小浜島に配属となり、レストランにて主にデザートを担当しています。
日々の業務のサービス向上のために、あなたが気づき、改善させた業務はありますか
ホテルブレストンコートでは食材の発注業務を担当していました。発注業務は一見地味な仕事ですが、お客さまに提供する料理の材料を過不足なく調達しなければならない重要なポジションです。不足すればお客さまに多大なご迷惑をおかけし、余分に発注してしまえばコストを圧迫する。飲食経営という視点からすれば、間違いがあってはならないものです。披露宴も多いブレストンコートでは、扱う食材の幅が広く量も多いため、OJTの私に任されることに少し驚きました。日々業務を覚えていく中で気づいたのが、発注データの更新状況です。当時業務に使用していた発注データが、一番新しい宴席デザートに対応したものでなく、うっかりミスの原因になりかねないものでした。そこで関係部署に現状を共有し、常に最新の料理データに対応できるよう改善策を検討しました。自身の業務効率を上げただけでなく、業務の引き継ぎをスムーズにさせることができました。業務改善はその業務を根本から知る機会になり、目的や他の業務とのつながりを深く理解する機会を与えてくれるのです。
あなたが勤務する土地ならではの魅力について教えてください
離島という環境そのものが大きな魅力だと感じています。「島チャリ」という島内を自由に巡ることができるアクティビティは、小浜島の自然の魅力を存分に堪能できると思います。また海の色が青々として大変美しく、マリンアクティビティもおすすめです。食については、田芋、オオタニワタリ、ハンダマなど、沖縄本島でも目にすることができない食材を味わうことができます。
将来の目標を教えてください
自分の店をもつこと。昔から思い描いている夢です。おいしい料理を提供するのは大前提で、たくさんの人が私の店に集まってきて、気軽に交流できる場、そんな店を創りたいんです。だからいま、星野リゾートでそのための準備と修行をさせてもらっている感覚でいます。おもてなしを独自の視点で追求しつづけているこの会社には、学ぶべき点が大変多い。そして、社内外関係なくたくさんの方とコミュニケーションをとって、将来の自分の素地をしっかりとつくりたいですね。
勤務施設
行きたい場所
勤務する施設内の、お気に入りの風景
リゾナーレ小浜島のプライベートビーチ。これほど美しく澄んだビーチは他に知りません
暮らしている街の、お気に入りの風景
海人公園。展望台の屋根がマンタになっていて、晴れた日には西表島が見られます